読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東村山、まんなか暮らし

東京都東村山市で暮らす日々と、街のこと

東村山駅、高架化工事中

Town Life

現在、東村山駅ではホームの高架化工事の真最中。

私が引っ越してきたとき(H27)にはすでに仮囲いがされて工事は始まっていたのですが、かなり昔から計画がなされ、ここ数年でやっと着手された工事らしいです。

 

高架化されると、ホームにたどり着くまでの時間が今よりかかるのかな?とか、高架下にかわいいお店が入って便利になるかな?なんて、今から楽しく想像しています。

■完成予想図がこちらのサイトに載っていました。

西武新宿線でも連続立体化が始まった|日経コンストラクション

 

西武線石神井公園駅所沢駅も、数年前に高架化(駅改装)が完了してすごくきれいになって、西武系のエミオという商業施設が入ったり、駅周辺が羨ましい環境に変わったのでこっそり真剣に駅前の活性化に期待しています。

 なんて、つい買い物目線で考えてしまいますが、実際は交差踏み切りや開かずの踏切が解消されて、道路事情を改善することが大きな目的ですね。

 

そして大切なのが、一体いつその工事が完了するのか?ということではないでしょうか。

西武鉄道のウェブサイトを見たのですが竣工予定が書いて無く、探してみたところ、代わりに東村山のまちづくり推進課によるこのような記事を発見しましたのでソースとして貼っておきます。

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/machi/machidukuri/higashimurayama_inde/news.files/higashimurayama_news24.pdf

 

工事が終わるのは、平成37年(予定)!

上のリンク先の情報によると、平成25年から12年間の工事予定だそう。

ということは、おおよそあと10年後といったところ。もちろん大規模な工事には遅れもあると思いますが、10年たたずともこれから7、8年くらいで徐々に道やお店などの周辺環境が今より整ってくることが予想されます。

 

今の日本のくらしでは、ほとんどの街で「駅」が欠かすことのできないキーですよね。駅周辺が活気づいてるか、オシャレか、人の流れがあるか・・・。この高架化工事でこの先数十年の東村山という土地の価値が決まってくるのではないか?と個人的には思っています。

この高架化工事が、既に住んでいる東村山市民やこれから引っ越してくる人たちにとって、今以上に暮らしやすく便利な毎日を送れる進化になることを期待してやみません♪